六三四の剣という漫画について

とにかくこの漫画、今はもうみんな忘れかけた少年漫画の勢いと熱をもちつつも、ジャンプに見られるアホさや無茶さともサンデー的な小奇麗なだけの都会的完成とも無縁な稀有な漫画ですね。ネタにするような面白さではなく、本当にワクワクさせてくれます。ほんとうの意味で面白い漫画だと思います。これほどのものはそうそうありません。基本的にはサンデーの漫画だけあってあって馬鹿な勢いはなく理性的な漫画ではあるのですが、サンデー漫画とは思えないほどのキャラの勢いと、田舎という新鮮な要素によって絶妙なバランスに至っているのです。ジャンプ的で無茶な漫画は聖闘士星矢やドーベルマンデカのように確かに勢いやパワーが有って面白いですが、あらまみれでどこかネタ的なものがあります。かといって青空しょってのようなサンデー漫画は都会的で爽やかですが、心に迫る勢いがなく、印象が薄いですね。マガジン的な漫画は私の完成とは合わない。ひょっとすると、六三四の剣は私の理想の少年漫画なのかもしれない。こういうまともに面白い漫画は歴史的な価値は薄いのだろうが私としては一番大事にしたいタイプです。ちなみに、蘭子は可愛いです。こんなに心を引き付ける女の子のキャラは久しぶりです。

激安カラコン

BBQに行きました。

昨日、10月11日。
台風前の風が吹き荒れるなか、のんきにBBQにいきました。

女子ばっかり17人。よく集まったものです。みんな意外と暇なのか。笑

メンバーは、久しぶり、の方もいるし。仲良しのこもいるし。
前々から楽しみにしていました。

賢い友達が幹事ということで、BBQ専用の業者さんが全て用意してくれる。という、何ともラクなプランで準備などを全然しなくていいという状況でスタート。
抜かりがありません。友達。さすがです。
あんまり会場がわからないまま、ここやろ。というニュアンスだけでいきましたが、完全に失敗。
友だちをも巻き込んで、遅刻にて現地に到着。

既に、集まったみんなはお肉を焼いて食べていて。香ばしい、いい香りが辺りに漂っています。
わーい!!
お肉だー!!と、飛び込んで。
幹事にお皿をもらって。タレを注ぎ、肉を焼く友だちにあいさつをひととおり済ませた後に、親鳥にエサをせがむヒナのように、肉くれ、肉をー。と言って、やっと肉にありつけました。

なんで、BBQって普段の焼肉よりテンションがあがるのでしょうか。。
トングを持って、豚や牛を青空の下で焼くだけでテンションあがります。
お酒なんてのまなくたってハイテンション。真昼間からビールではよろしくない、と。何故かノンアルコールときまっていたので、誰ひとりお酒を飲んでいないのに、地域住人の方々がひくぐらいのハイテンションの女15人あまり。笑
しかし、時間が決まっていたらしく、その時間がきたら、早々と片付けて帰途につく。
ちなみに、片付けも業者さんがしてくれて。私たちは眺めるばかり。笑

がんばって仕事の休みを取って、楽しみにしていただけのことはありました。
また、明日からも仕事が頑張れそう。と思えた秋のある日でした。

キャバクラドレス

セレナ

現在我が家ではストリームをファミリーカーとして使ってます。

確かに人数も乗れるので便利ですが、やっぱりファミリーカーはボックス型の方が良いですよね。

スキーも荷物も楽に運べるし…。

日産のセレナに乗って出掛ける家族を見て羨ましく思っちゃいます。

後部ドアがスライドなのも便利そうなんですよね。

もし、セレナをファミリーカーとして乗る日が来るのなら、バーベキューセットを積んでテントを積んで海辺に行きたいです!

海まで距離があるので年に1回足を運ぶ程度なんですが、家族が乗るとなかなか荷物が積めなくて、ホテル代や外食費と何かと出費が重なってしまうんですよね。

なのでセレナだと荷物を積めちゃうんです。

去年海へ行った際にセレナで来ていた家族を見たんです。

凄く羨ましく思ったんです。家族4人で水着に着替えて海水浴にバーベキュー…。

我が家は軽装にコンビニのお弁当…。

本当に楽しそうでした!ナンバー見たら我が家と同じくらい離れた場所のナンバーで、長距離運転のはずのお父さんも楽しそう!

我が家のドライバーは「やっと着い…」という雰囲気…。

運転するのもある程度大きな車の方が楽なんですかねぇ?

とにかく、一度は海辺でバーベキューしたい!キャンプしたい!花火したい!

そんな楽しそうな家族を見ると、車も良く見えるのか、それ以来すっかり日産セレナの虜になってしまいました!

自動車保険見積もりプレゼント

最近買ったもの

先日、マルイが10%オフになっている期間があったなので、ちょうど欲しかったものを買いました。
来週結婚式があるので、それ用の靴を買いました。
私は足が小さいのでなかなか合うものを見つけられません。
小さいサイズのお店でようやく見つけました。
選ぶ余地はあまりありませんでした。
サイズ優先です。
カラーはパーティっぽいシャンパンゴールド。
どんなカラーのドレスにも合わせられそうです。
ストラップにラインストーンの乗ったチャームが付けられていて可愛いです。
あとは秋口に使える黒いカーデを買いました。
春先に薄手のものを買ったのですが、毛玉が酷くて。
黒なんてどこにでも売っているしどれでもいいや、安いものを買った私が間違っていました(笑)。
使い回すからこそ、高い物を買うべきでした。
その教訓を生かしある程度の値段がするものを選びました。
レッセパッセです。
このブランドのビジューの使い方が好きなんです。
最初はニットそのものにビジューが付いているデザインに目を付けたのですが、ベースが黒のものはビジューも黒であまり可愛くなかったんです。
ワインやピンクは可愛かったんですけどね。
かなり薄かったので、寒くなってくると厳しそうでした。
ウールになる手前までは使いたいんですよ。
そんな中、取り外し可能な襟付カーデを発見。
パールがちりばめられた白い襟が付属しています。
ボタンもパールでお花の形をしていて可愛いんです。
襟を外してもボタンが十分なアクセントになります。
更に伸縮性に富んでいて、身体のラインが綺麗に出ます。
前のボタンを全て止め、プルオーバー風に着られますとご案内されました。
本格的に寒くなるまではこのカーデで乗り切れそう。
インを変えれば寒くても平気かな。
ヒートテックは薄手ですし。

ちょっと気になるのは襟の汚れ。
白なのでファンデが付いてしまったらどうしよう?
ビジューが付いているので洗えるのはちょっと不安です。
襟周りは結構広いので大丈夫だと思いたいのですが…。

キャバドレス激安

母への特別なバースデーパーティー

昨日は母の55歳の誕生日でした。そんな母へ過去の盛大誕生日の話を書きます。

母は仕事をしていて、日々家庭と仕事にアクセクと働いています。ちょうど私が社会人になったので今月いっぱいで仕事も退職し、専業主婦に戻るタイミングでした。

7年ほど銀行で働きながら子供達の学費や生活費の助けになればと正社員で頑張っていた母。4人兄弟の末っ子だった私は、特に母にべったりで仕事に行くことを嫌がった時期もありました。

そんな母にお疲れ様とありがとうの意味をこめて誕生日会がしたいと兄弟に相談しました。ちょうど入社半年の月で有給が取れたので、有給を利用し恩返しをしようと計画しました。

タイミングは、当日の朝、母に「今日は遅出なの」と説明し、先に家を出てもらいました。その後、「今日は誕生日だから美味しい物を買ってかえるからホームパーティをしよう」とメールをしました。

母は「そんなにしてくれなくても十分だよ」と言っていましたがとても嬉しそうでした。私以外の兄弟と父は、午後から有給がとれたので家に帰ってパーティの準備をしました。

私と父と姉で料理を、兄が買い出しにという具合で準備をすすめました。プレゼントは、誕生日の少し前に姉と二人で選びに行きました。

母は7年間家族を一番に考え、自分に贅沢をしない人だったので、これからは自分の時間を存分に大事にして欲しいと思い、ブランドバッグにしました。

また、いつまでも綺麗でいて欲しいという家族の気持ちを考えてなかなか買えないプレゼントにしました。

何も知らない母が夕方帰宅しました。私たちは、揃って玄関に行き、「お誕生日おめでとう!」の掛け声と共にプレゼントを渡しました。
母は「なんでー??なんでー??」と私たちが家にいること、飾りつけられた部屋を見て予想以上に驚き、涙ながらに喜んでくれました。

リビングへ連れて行き、料理とケーキを見てまた感激してくれ、私たちまで嬉しくて涙が出ました。

「こんな最高な誕生日は初めて!本当にありがとう!」と言った母はとっても嬉しそうで幸せな気持ちになりました。今でも大切にバッグを使ってくれています。

母曰く、このバッグをみると幸せな気持ちになれるんだとか…そんな家族想いな素敵な母を持った私たちは本当に幸せです。

乱視用カラコン

最近みた強烈な映画の話

最近見た映画の話です。映画はディカプリオ主演で昨年少し話題になった「ウルフオブウォールストリート」という映画です。
ビジネスの糧になる映画と思いDVDを借りて夫と一緒に見てみました。するとビックリ!内容の7割、もしくは8割くらいがドラッグと男女の関係ネタで最初から最後まで18禁感が出てました(笑)
一緒に見ていた夫も思わず絶句(笑)そんな映画ですが、少しビジネス視点で感想を書いてみようと思います。
まず、映画の内容はアメリカのウォール街で働くごく普通の証券マンが人にものを売る話術を磨いてトップセールスの証券マンとなって豪遊するという実話をもとにした話でした。
この豪遊が本当にヒドイ(笑)女の人をはべらせてドラッグにまみれて…とこれが実話と思うとただただビックリです。

ディカプリオが演じるその主人公は、相手の営業の話術を見極めるために初めて会った相手には必ず自分のポケットからペンを取り出して「このペンを私に売ってみて下さい」という質問を投げかけます。
そうすると大半の人は「このペンはとても優れたペンですよ~」とか、「このペンはとても希少なペンなので買いませんか?」というよくあるセールストークをし始めます。
しかし、映画の中で唯一ディカプリオを納得させたのは一人の剛腕セールスマンが言った「この紙に文字を書いて下さい。」という一言でした。
凡人な私は「え?どこがセールトーク?」と思ったのですが、紙に文字を書くにはもちろんペンが必要で必然的に相手がペンを欲しくなる状況にさせて売りつけるという頓知のような話でした。
それを聞いて私も思わず「なるほど」と思ったのと同時に人と違う視点で物事を考えることで新しいアイデアとか発想がうまれてきて面白いなと思ったので紹介してみました。

8割は18禁ですが残り2割に少しいい話があります、そんな映画でした。それにしてもディカプリオがあんな強烈な役を引き受けるとは…リアルに見えるほどやはり演技派でした。

 

浜松餃子通販

STAP細胞

笹井さんの自殺のニュースは衝撃的でしたね。小保方さんの論文における問題発覚の当初、説明の為に会見に出てきた物怖じしないエリートのイメージから、想像できないまさかの結末です。
ご心労は計り知れず、また自殺の原因も一つに特定できないものがありますが、あってはならない悲しい結果になってしまいました。
STAP細胞がメディアに出た当初の感動、科学の前進に対する期待は淡くも崩れ去りました。しかし、あることを証明できないと同時にないことも証明できないわけですから、五分五分だと私は思っています。信じたい気持ちもあります。
今回の問題は、匿名であるネットから必要以上の挙げ足とりがあったような気がしてならないところです。そうした動きにメディアも追従し、結果的にSTAP細胞の何が問題であったのか論点が分からないまま小保方さん批判になりましたね。
正直、コピペであったり写真取り違えは確かに重要な間違いですが、そのあとに理研の偉い方々の論文にもそうした誤りがあったと報道されました。
理系の論文について詳しくは知らないのですが、そうした誤りが日常的に起こり得るものであるなら小保方さん批判に使うのは間違いだと思います。そもそも、きちんとしたチェックがされないことが、おかしいと思いませんか。
もちろん小保方さんサイドや理研側にも責められる点はあったのでしょう。笹井さん亡き今はただ、検証に力を注いで頂きたいと思うばかりです。
しかしなかなか難しい状況のようですね。師を亡くした小保方さんのケアも必要ですし、焦ってはいけませんね。
メディアの報道が笹井さん亡き後に落ち着いたことも不可解です。今やすっかり報道も落ち着きましたが、犠牲者が出ないと控えられないのかと不快に思いました。
検証された結果、STAP細胞がないことが証明されたとしたら、なぜ誤りが起こったのか、きちんとした解明をしてもらいたいです。
それは小保方さんだけが負う責任ではなく、理研も背負うべきものだと思っています。